« 畑の様子と丹波の黒豆 | トップページ | お遍路~56泰山寺、57番仙遊寺 »

2015年7月17日 (金)

お遍路~54番延命寺、55番南光坊

こんにちは。
前回は円明寺(えんみょうじ)から今治の手前まで雨の中、真っ暗な国道を30km近く歩いて(走った)
            ↓
http://riri28.cocolog-nifty.com/blog/2015/03/index.html

今回は一日で5ヶ寺もお参りすることができた。

Aさんと坂出から始発のJRに乗って伊予亀岡で下車し8時半歩行開始。 

Img_3335

桜が満開

Img_3337
お接待のおみかんを一ついただく。親切な案内板に感謝。あと8㎞弱。

Img_3339

国道196号線の海岸沿いを歩き途中の星浦海浜公園で休憩。

星の神が天から降ったという伝説をもつ美しい砂浜に、上から見ると星形に見えるモニュメンと造船の街らしく大きなプロペラが配置されている。
 Img_3341

Img_3343

対岸は来島ドッグ

                          Img_3344

2時間ほど歩くと田園地帯に54番延命寺(えんめいじ)が見えてきた。
720年、行基が開祖。かっては近見山頂一帯にあったが、再三の戦火で現在の場所に移転。

元、今治城の城門であったといわれる山門。
Img_3345


住職の私財で1704年(宝永元年)鋳造の梵鐘は今治市の有形文化財で年に一度大晦日の除夜の鐘に撞かれる。
(普段のとは別)

太師堂

Img_3347

2か所ある梵鐘と本堂を写し忘れた (;;;´Д`)  また行こう。

遍路道の桜が満開だった。

           Img_3354

池の堤や

Img_3358

別宮大山祇(べっくおおやまづみ)神社のそばを通り            

Img_3359

Img_3361
隣の55番南光坊(なんこうぼう)に到着
南光坊は594年に大三島の大山祇神社の別宮として創立され、参拝されやすいよう24坊のうち8坊が四国本土に移され、その一つが南公坊だそうです。


Img_3362

山門の内側と外側に四天王がいる。
Img_3363

Img_3369

Img_3370本堂

Img_3365

薬師堂Img_3366
太師堂

Img_3368

何度も戦火にあい、宗派を移したり、戻ったり様々な変遷を経て現在に至っている。

次の寺にお参りする途中のお店で、昼食に生まれて初めてもんじゃ焼きを食べる。
作り方も独特。水分が多く、歩きのパワーには物足りないな~。 でもおいしかった。

Img_3371


まだ半日あるけど、今日はここまで。


































« 畑の様子と丹波の黒豆 | トップページ | お遍路~56泰山寺、57番仙遊寺 »

歩き遍路」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: お遍路~54番延命寺、55番南光坊:

« 畑の様子と丹波の黒豆 | トップページ | お遍路~56泰山寺、57番仙遊寺 »

2020年12月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

リリーの備忘録



最近のトラックバック

無料ブログはココログ

ランキング

日本ブログ村

  • 日本ブログ村

お気に入りサイト